« 初日舞台挨拶のお知らせ(京都) | トップページ | 大ヒットスタート! »

2006年3月14日 (火)

東京初日舞台挨拶レポート

『かもめ食堂』の初日となった3月11日(土)、

シネスイッチ銀座で舞台挨拶を行いました。

劇場前には早朝から長蛇の列ができ、

上映開始の1時間以上前に開場となりました。

1回目の上映後と2回目の上映前に

出演の小林聡美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさん、

群ようこさん、荻上直子監督が登壇。

女優三人は劇中の衣装で登場し、

まるでポスターから抜け出てきたかのよう。

エプロン姿の三人に、立ち見も出た満席の会場から

歓声と大きな拍手が沸きました。

<2回目の舞台挨拶時のひと言をご紹介します>

小林聡美さん:

「こんなに大勢の方に来ていただいて、うれしいです! 

今日の私たちの格好を手抜きだと思わないでくださいね、

映画の衣装ですからね(笑)。

この映画は、おなかがすいている人には

しんどい内容だと思います(笑)。

がんばってご覧になって下さい」

片桐はいりさん:

「私、実は20年ほど前に、このシネスイッチ銀座で

もぎり嬢(笑)のバイトをしていたんです。でも、こんなたくさんの

お客さんを見るのは『寅さん』以来かもしれない! 

それに当時、小林聡美さんの出演作も上映していたんです。

すごい偶然の連続! 思わず鳥肌が立っちゃいました」

もたいまさこさん:

「本当に今日は皆さまありがとうございます。

たる~い映画です(笑)。

でも、今(上映前)はヒミツですけどね、

小林さんのサービスショットもあるんですよ(笑)。

お楽しみにしていて下さい!」

群ようこさん:

「原作よりも、映画のほうが優しい感じになっていると思います。

たぶん、3人の女優さんたちの優しさが画面に表れているんでしょうね。

そうそう、私も小林さんのサービスショットがイチオシです!(笑)」

荻上直子監督:

「朝の4時から並んでくださった方がいらっしゃると聞いて、

びっくりしました。寒かったでしょうし、お疲れになったのではないでしょうか?風邪ひかないようにして下さい。

最後まで楽しんでください。ありがとうございます!」

なお、この日は舞台挨拶後の3、4、5回目のいずれも立ち見となり、

シネスイッチ銀座の初日動員記録

(『ライフ・イズ・ビューティフル』の1,611人)

を塗り替える1,706人の方にご覧いただきました。

長時間お並びいただいたみなさま、立ち見でご覧くださったみなさま、本当にありがとうございました!

Dsc_9111 一階席も二階席も超満員!

002 満面の笑顔! 3人はエプロン姿。

Dsc_9082 長蛇の列!劇場スタッフも大わらわ。

|

« 初日舞台挨拶のお知らせ(京都) | トップページ | 大ヒットスタート! »