« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

■モントリオール映画祭レポート■

カナダのモントリオール映画祭に『かもめ食堂』が出品されました。
8/25~28の4日間にわたり、一日一回ずつの上映でした。
 
25日は平日の朝10:00にもかかわらず、
映画祭のスタッフが驚くほど席が埋まり、続く3日間もほぼ満席です!
荻上監督は、エスポ映画祭からモントリオールに直行。
舞台挨拶は15秒程度の短いものでしたが、
監督が「どうか寝ないで最後までみてください」と言うと、どっと大受け。
上映中も、気持ちいい大きな笑い声 がさかんに上がっていました。
なかでも、もたいまさこさん演じるマサコのキャラクターが大人気。
マサコが画面に登場する だけで笑いがまき起こる、という具合です。
モントリオールのみなさんも気に入ってくれた様子です!!
_001
会場“CINEMAS CINEPLEX ODEON”

_002 映画祭ムードのモントリオール

_003 このあと、笑いの渦が・・・。

_005 「日本人向けの新聞」による取材が。

|

2006年8月24日 (木)

■満員御礼!フィンランドで『かもめ食堂』上映■

フィンランド時間8月23日

フィンランドのTVニュースにも取り上げられた『かもめ食堂』。当日も新聞に大きなインタビュー記事が掲載され、満員御礼となりました。チケットはソールドアウト、急遽、会場の通路にはあちこちから集められるだけの椅子を並べての上映です。

監督挨拶の後、いよいよ映画が始まります。初めてフィンランド人のお客さんを前に…出だしでカモメが登場したところから笑いが起こっていました。ガッチャマンを知らないはずの人々がガッチャマンで大笑いし、嬉しいくらいに日本でクスクスっとあったところでフィンランドの人々もクスクスっとやっていました。笑いの大波小波が寄せては返していくようで、ものすごい反応でした。また笑いながらもホロホロ涙を流したりしてたようです。

フィンランドの人が特に自分のお国柄で大笑いしていたのは鮭にまつわるエピソード、お酒が絡んだシーン、サウナが話題になるところ…などなど。フィンランドの演劇では「芝居にお酒にのまれる人を登場させる」という伝統があるのですが、『かもめ食堂』でも見事に登場していていましたね。

映画祭で大きなスクリーンでの上映だったからか、それともフィンランドらしいゆったりしたテンポが良かったのか、とても細かい表情や動作の変化にも敏感でした。見終わって「日本の役者さんたちは凄い。」と言いに来てくださる方々も。

上映後は場所を移して荻上監督を囲んでのQ&Aが行われました。あれだけ大爆笑し、ホロホロ泣いていた人たちですが、やっぱりフィンランド人。ちょっとシャイで質問するのに多大の勇気を要するのですが、それでも一人、またひとりと質問してくださいました。小林聡美さんの流暢なフィンランド語に「本当に日本人なのか」とフィンランド人が家系に?疑惑も。サウナの話があったけれどもサウナが実際に登場しなかったのはなぜ?『かもめ食堂』をあの場所にしようと思ったのは?というような質問も飛び出していました。

この模様は映画祭のオフィシャルサイトにあるフォトギャラリーで画像をご覧いただけます。
http://www.espoocine.fi/2006/index.php?page=etusivu&lang=eng

フィンランド人のお客さんたちに混じって足を運んでくださった日本の方もいらっしゃいました。ありがとうございます。

フィンランドでの劇場公開は9月29日から。好評な出だしに『かもめ食堂』のフィンランドチームも勢いをつけています。

Ogi04_1

Q&Aを無事終えた荻上監督。左からフィンランドで『かもめ食堂』の宣伝を担当しているペーター、荻上監督をはさんで同じく宣伝担当のヨヨ、ラインプロデューサーのティーナ。

レポート:『かもめ食堂』アソシエイト・プロデューサー 森下圭子

|

2006年8月23日 (水)

■荻上監督&『かもめ食堂』プロモーション in フィンランド■

フィンランド時間8月22日

『かもめ食堂』がいよいよフィンランドで上映されます。
映画祭の招待を受けた監督のスケジュールは取材でびっちり。モーニングショー(生放送!)にも出演。今日はかもめ食堂として撮影させてもらっていた古巣のカフェ・スオミで、丸一日インタビューに対応の荻上監督。フィンランドのテレビ、ラジオ、雑誌、新聞と様々な媒体で『かもめ食堂』が紹介されますよ。

取材の人たちが頻繁に質問していたのは、「なぜフィンランドで映画を撮ろうと思ったのですか?」ということと、「映画を見ているとなんとなくアキ・カウリスマキの世界に通じるものを感じるのですが」ということ。それから日本人とフィンランド人のチームワークとか日本とフィンランドの違いだとか。

フィンランドのインタビュアーの皆さん、監督の名前も「カモメショクドウ」も流暢に発音されていました。

Ogi01

取材場所は『かもめ食堂』の撮影をしたカフェ・スオミ

Ogi02

Ogi03 お疲れさまです!

メディア向け試写会に出席されたほとんどの方がインタビューを申し込んできたとのこと。幸先よさそうですが、一般のお客さんの反応は? 次は映画祭での様子をご報告いたします。

レポート:『かもめ食堂』アソシエイト・プロデューサー 森下圭子

|

2006年8月17日 (木)

■フィンランド版ポスター完成!■

ヘルシンキでの9/29(金)からの公開(“キノパラツィ”にて)にあたり、フィンランド版のポスターデザインが完成しました! 

Ruokalalokki_poster_11_8

「フィンランドで撮影された初の日本映画」というキャッチコピー。

|

2006年8月11日 (金)

★8/5(土) 大ヒット御礼舞台挨拶レポート★

8/5(土)に、シネスイッチ銀座にて大ヒット御礼舞台挨拶を行いました。
猛暑のなか駆けつけてくださったお客さま、
そして、『かもめ食堂』をご覧いただいたすべての方に、あらためて御礼申し上げます。
シネスイッチ銀座では8/18(金)まで上映しております。

1 笑いあふれる楽しいひととき

2

Q&Aコーナーも!! 
たくさんのご質問をいただきありがとうございます。

|

2006年8月 2日 (水)

◎続報・訂正!! 大ヒット御礼舞台挨拶

先日お知らせしました“大ヒット御礼凱旋上映舞台挨拶”につきまして、
舞台挨拶のある上映回のみ急遽整理券を配布することが決まりました!
●当日朝10:30より劇場窓口にて整理券(舞台挨拶の回のみ)を
配布致します。

舞台挨拶 ● 8月5日(土)
[時間]
 ・1回目●5:15の回上映終了後
 ・2回目●7:30の回上映開始前

壇上者 ●小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、荻上直子監督(予定)

○混雑状況により開場時間が早まる場合もございますので予めご了承ください。
○舞台挨拶時のビデオ、カメラ等による撮影は固くお断り申し上げます。
○舞台挨拶の回は、入れ替えとさせていただきます。
詳細は劇場にお問合わせ下さい。
シネスイッチ銀座
TEL:03-3561-0707

|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »