« ●DVD絶賛発売中!● | トップページ | 【コメント、トラックバック受付終了のお知らせ】 »

2006年10月 2日 (月)

■レポート:フィンランドにて上映開始!■

★フィンランド時間9月28日(木)

いよいよ明日から劇場公開。明日の新聞では広告や映画評があちこちに掲載されることになります。広告には、新聞に掲載された映画評論家のコメントが一部紹介されています…
『かもめ食堂』は小さいけれど心に響いてくる。見終わって、気持ちよさが残る、そんな映画。

この数日、荻上監督のインタビューが新聞やテレビで再び登場しています。


『かもめ食堂』の撮影場所になったカフェ・スオミには、映画を観てやって来てくださる日本からのお客さんだけでなく、彼らを見たいとやって来る日本人観光のフィンランド人もいらっしゃるとか。
メディアでは映画に限らず、ライフスタイルや食を専門にする記者が『かもめ食堂』に感心を寄せるようになってきました。

Julisteita “キノパラツィ”という名のシネコンで上映。

★フィンランド時間9月29日(金)

フィンランドでの劇場公開が始まりました。さっそく仕事帰りの人たちが映画館に寄りそうな回に行ってきました。女性が圧倒的に多かったかな。「さてと、誰に話を聞こうか…」と出口の辺りで映画を見終わった人たちを眺めていたら、皆さん微笑み返してくださいました。ちょっとはにかみながらね。薬剤師と地理を専門にする教育学部の学生さんという女性のお友達ペアに感想を伺いました。

新鮮だった。あー、なんだか空気がおいしいなあ、っていうような気分にさせてくれますね。陽を浴びた森の中、小屋でゆっくりしている夏休みのような感覚…そう語ってくれました。そうそう、朝のニュース番組では映画評論を担当する女性が「ヘルシンキの景色を象徴する夏の海、キラキラとした海のゆるやかな波の上で漂っているような心地」なんて言っていました。

フィンランドはこれからどんどん夜が長くなっていきます。もの悲しくてちょっと憂鬱な季節。映画を見て、ほんのり暖かい気分になってこれからの季節を乗り越えていただければいいな、なんて思いました。

初日には、バスを一台チャーターして3時間かけてヘルシンキまで『かもめ食堂』を見にきてくださったエキストラのグループも登場です。見る前は「自分がでたら、拍手するよ!」なんてはりきっていましたが…。

Avustajat

バスをチャーターして3時間かけて観にきてくれたエキストラのグループ。

ちょっとはしゃいでます。映画、楽しんでください!

レポート:『かもめ食堂』アソシエイト・プロデューサー 森下圭子

|

« ●DVD絶賛発売中!● | トップページ | 【コメント、トラックバック受付終了のお知らせ】 »